挿した鍵が抜けない時はどうする?

鍵を閉める、もしくは開けるかするときには鍵穴に鍵を挿しますが、極稀にその挿した鍵が抜けなくなってしまうというトラブルが起こりえます。
こうしたトラブルは事前に対処法を知っておくといざという時に慌てずに対処できますので、今回は挿した鍵が抜けなくなってしまったときの対処法をご紹介したいと思います。

・鍵穴専用の潤滑剤スプレーを使う
ホームセンター等に売っている鍵穴専用のスプレーは、潤滑油と同等の役割を果たしてくれるので、これを吹きかけることで鍵が抜ける場合があります。
潤滑剤スプレーは多くありますが、必ず鍵穴専用のものを使うようにしましょう。それ以外の製品をしようしたり、滑りを良くするために油を差したりすると、鍵の故障に繋がります。
スプレーが無い、買いに行けないという場合は、スプレーと同程度の活躍が見込める「鉛筆の芯」を使ってみてください。
鉛筆の芯に含まれる黒鉛が潤滑剤に近い働きをしてくれるため、十分変わりとして活躍してくれます。
芯を削ったものを鍵穴に入れて試してみてください。

・少しずつ動かしてみる
何かが引っかかって抜けない場合、鍵を色々な動かし方をして抜こうとしてみてください。
力を入れすぎると鍵自体の破損、鍵穴内の部品の破損に繋がるので、軽い力で動かしてみましょう。
ちょっとした引っ掛かりで抜けないだけなら、意外にもこれだけで抜けてくれたりします。
もちろん鍵が抜けたからといってそのままにせず、なぜ抜けなくなったか原因を解明し、対処しましょう。